UTBCについて

東京大学放送研究会(略して東大放研、UTBC – University of Tokyo Broadcasting Club)は東京大学駒場キャンパスを拠点に活動する、学内唯一の放送系サークルです。

毎週火曜日と金曜日の週2回、19:30~21:00に活動しています。
アナウンス、ラジオ、映像の3つのパートで構成されており、各メンバーはいずれかのパート、もしくは複数のパートに所属し活動しています。
また、パートの垣根を越えてサークル全体で取り組む様々な活動も行っています。

 

代表挨拶

東京大学放送研究会のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。15期代表を務めます、岩川佳士乃と申します。

東大放研は、2007年の設立以来、東京大学の学内唯一の放送系サークルとして、また関東の放送サークルでは数少ないインターカレッジサークルとして活動を続けて参りました。

本年度は、「新しい放送のあり方への挑戦」を活動の軸として取り組んで参ります。
昨今の新型コロナウィルスでオンラインでの活動に移行しておりましたが、感染拡大も徐々に勢力を弱め対面とオンラインのハイブリッド型に移行したいと考えております。
また、「新しい放送のあり方への挑戦」を実現するためにこれまでより、より一層の展開に翼を拡げた情報発信に努めて参る所存でございます。

最後になりましたが、今後とも変わらぬご指導ご愛好を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

15期代表 岩川佳士乃

 

東京大学放送研究会のより詳しい団体情報はこちらをご覧ください。